フェアトレードサークル「でら★FT」
名古屋市立大学の山の畑キャンパスを本拠地として活動する、フェアトレードサークルです。学生という立場からできることを考え、フェアトレードを通じた国際協力に取り組みます。2007年発足。
プロフィール

でら★FT

Author:でら★FT
名古屋市立大学の有志で立ち上げた、フェアトレードサークル「でら★FT」のブログです☆気軽にコメントしてくださいね~!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアトレードタウンを進めよう
こんばんわさちこです

今日は大曽根にあるフェアトレードショップ オゾンの2階で行われた
ワークショップに参加しました

ICANの斉藤さんと、
フェアトレードサマサマの小吹さんにお話を伺いました


ICANはフィリピンを活動の場とするNGOです
フィリピンのパヤタスのゴミ山で働く人々に対して、医療支援をしたり
フェアトレードに関しては、パヤタスのお母さんたちが裁縫したぬいぐるみなどを
日本とフィリピンで販売しているそうです

今後あげられる課題としては、
関心のない層への働きかけがまだできていないということだとおっしゃっていました。
日本でICANの商品はフェアトレードショップなどに並べられていますが、
フェアトレードショップに訪れる客さんは、すでにフェアトレードに関心を持っている人たちです。

そうでない人たちに働きかけていくことが今後の課題だそうです

しかし、最近、備前屋さん(あわ雪とかで有名な)でケーキを買ってくれた人に
ICANのフェアトレード商品のクマのぬいぐるみをつけるというキャンペーンを
行っていたらしく、フェアトレードに関心のなさそうな人にも
商品を手にとってもらえるということで、
良い機会だったとおっしゃっていました


次にフェアトレードサマサマの小吹さんのお話を伺いました
ワークショップということで、写真を見ながらクイズに答えて、
めちゃめちゃめちゃめちゃ楽しかったーー

イギリスのフェアトレードタウンの話について、
実際現地へ言った経験からたくさん興味深い話を聞かせていただきました。

紹介されたまちは、ヨーク、リーズ、ガースダング、ハワースなどです


ヨークは人口18万人、フェアトレードやエコ商品だけを扱うスーパーがあります。
写真みたけど、めっちゃステキなスーパーだった
なんと、ワインにまでフェアトレードラベルが!!


リーズは人口77万人、移民の多いまちです
まちにあるカフェのコーヒーがフェアトレードだったりするそうです。
また、インドのフェアトレードのアクセサリー屋さんもあるみたいです


ガースダングは人口5千人、自治体もフェアトレードを推進しています。
まち中にフェアトレードマークがある写真を見せてもらいました。
ガースダングのまちの標識には「World's first Fairtrade town」 の文字がーー


ハワースは人口3千人、観光地でもあるみたいです。
ハワースの協会には「make poverty history」の文字が
これは、以前の日本のホワイトバンドのようなものだそうです。
しかし、日本のホワイトバンドはキャンペーン、ファッション性のみで終わってしまいましたが・・・。。


これらの都市は人口も規模もまったく違いますが
共通点は、ボランティアが活発だということだそうです。
とくに、リタイア後の方が元気だとか
また、フェアトレードが盛んな理由のひとつとして、
他のキャンペーンとの連携がいいということだそうです。
たとえば、ODA、ホワイトバンド、児童労働、環境問題などなど、
そうした活動とも連携をとっていて、決して一人歩きしていないそうです。

異国に学ぶことは多いですね

しかし、もちろん問題もかかえていて、フェアトレードタウンが盛んになればなるほど
逆にスーパー等や他のショップとの競争が激化し、生き残り競争にも。
対策としては、ショップ同士が連携しあったり、広報に力をいれたり、という感じだそです。
U2のボノもフェアトレード推進してるってー


たくさん話が聞けて、とても有意義でした

ひとつ気になったのが、イギリスにはフェアトレードラベルがあふれているということです。
フェアトレードラベルは消費者にもわかりやすく、メリットは多いです。
しかし、フェアトレードラベルの認証を受けるには、ある程度のお金や手続きが入り、
本当に貧困にあえいでいる生産者は、ラベル取得をする余裕がありません。

日本では、そのためフェアトレードラベルを取得せずにフェアトレードを行っている団体もあります。

この、ラベル認証を取得するかどうか、できるかどうか
というジレンマをイギリスも抱えているのでしょうか?

って、思ったけど、時間なくて質問できなかったー


ではでは、すごく長くなってしまいましたが、読んでくれた方
どうもありがとうございます



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ミクシーからここにたどり着きました。
WS来てくれてありがとう。あれを楽しめたと言う事は、みなさんが積極的に参加してくれたおかげです。これからも情報交換していきましょう。大阪では2月2-3日のワンワールド・フェスティバルで、フェアトレード特集をします。時間があれば是非!
【2007/12/19 21:40】 URL | サマサマ太郎 #CUBGw2SY [ 編集]


お疲れぃhttp://blog123.fc2.com/image/icon/e/731.gif" alt="" width="14" height="15">
すごい面白いお話が聞けたんだねhttp://blog123.fc2.com/image/icon/e/734.gif" alt="" width="14" height="15">
連携が取れてるってすごいなぁって思ったよhttp://blog123.fc2.com/image/icon/e/281.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog123.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15">私もそんな風に活動したいなぁ(>ω<)/
【2007/12/17 00:42】 URL | みゆき #- [ 編集]


今日はおつかれさま~!!
細かく説明してくれてありがとうね♪♪すごくわかりやすかったよ!
また今度ゆっくり話聞かせてねん◎
【2007/12/16 02:18】 URL | 山田 #- [ 編集]


お疲れさんv-237

今日は本当に勉強になったわ~!!
ああいうワークショップできればいいなぁ★

何より出会いが一番やね!
面白そうな企画も生まれたしv-218
【2007/12/16 01:38】 URL | マイズミ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://deraft.blog123.fc2.com/tb.php/16-ac478e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。